【暴飲暴食が口周りニキビの原因!胃腸の消化トラブルを防ぐ方法】

胃腸の弱りから生じる口周りニキビへの対策

口周りに出来るニキビは多くの場合、髭剃り後のケアの失敗や口周りの肌荒れによって引き起こされるものなのですが、実はそれが主原因でないケースもたまに見られます。
それが体内、つまり胃腸を始めとした「消化器系のトラブル」に起因するものです(;O;)
例えば、暴飲や暴食が続いたり必要以上にアルコールを摂り過ぎる等した場合、胃腸が弱り口周りに肌荒れやニキビが真っ先に発症する可能性がかなり高いものなのです。
また、同様に常日頃からのストレスによりこれらのニキビが発症するパターンもあります。
こちらはストレスそのものが肌に直接影響を与えるタイプと、ストレスが先ず消化器系を中心とした内臓に影響を与え、それが間接的に口周りの肌にニキビとして現れるタイプの2つがあるのです。
357840.jpg
体内、特に消化器系の衰えに由来する可能性の高い口周りニキビについては、その原因を除去する事が対策としては最善となります。
つまり暴飲・暴食を絶対に避けると共にアルコールも適量に抑えること、またストレスの無き生活習慣を心掛けるのが口周りニキビケアには一番です(^-^)
また、胃腸に負担を掛けない食生活を取り入れるのも大事です!
特に余計な脂肪分の少ない和食中心の食生活は、口周りのニキビ対策としても有効です(^u^)